光ファイバ研究に関するコンベンションと成果

日進月歩の技術とは

光線ファイバでの通信でのモードについて問いです。光線ファイバを伝送できるのはどんな角度から入射した光線でもいいのではなく、指定の角度から入射した光線だけが伝搬できる。この指定の角度は複数あり、その角度で伝搬するのをモードと呼ぶ。モードとはだいたいこのような印象でしょうか。

マルチモードファイバを伝送する時、複数のモードがあるのでモードの分量だけ伝搬道筋があると思います。ここらで、問いなのですが、この複数のモードで送るシグナルというのは、モードごとに違うシグナルが送れるのでしょうか?それとも皆のモードで同じシグナルしか送れないのでしょうか。

また、モード複合というのは何なのでしょうか。たとえば2つの別々のモードAとBがあったとします。このAとBが別々のファイバを伝搬している際にモード複合させると1つのファイバでまとめて送れる(多重化できる)というか。普通は、1つのサインが複数のモードで波及するかと思います。で、モードによってサインの波及ペースが異なるので、着信句点では少しずつ遅れ時刻の違うサインが到着して、伝送ペースが高速だったり遠距離伝送の時には着信句点での波形の崩れのたねになると。

モード融合ってのは、(使う地点によるかもしれないけど)ファイバー内を波及していく家に(ファイバーをきつく曲げたりしたうえで)AのモードからBのモードに変質される(モード同士が融合している)ねかなと思います。マルチモードファイバの人が作りやすくて廉価(もひとつ、送受信契機との接合も楽だったかも)、だもんで、マルチモードファイバで事足りるうえにシングルモードを使うねも無いかと。

光ファイバ技術に関して

光線ファイバ通信で用いられる光線はどのような光線です。1000BASE-SXの際は850nm、1000BASE-LXの際は1310nm、GE-PONの際は1310nmと1490nm、という波長の光線を使います。

どうしてそのような光線を用いるのですか。光線ファイバの特質で、減衰がなるべく小さい時や、拡散の刺激が少ない波長を選んで使います。減衰が大きくなると、同じ光線のパワーでも通信できる間隔が短くなる利益。

普通は、1つの合図が複数のモードで波及するかと。で、モードによって合図の波及ピッチが異なるので、着信句読点では少しずつ遅れ時点の違う合図が到着して、伝送ピッチが高速だったり遠距離伝送の折には着信句読点での波形の崩れのもとになると。

モード融合ってのは、ファイバー内を波及していくホームに(ファイバーをきつく曲げたりした際で)AのモードからBのモードに変化される(モード同士が融合している)。

マルチモードファイバの者が作りやすくて安値(もひとつ、送受信きっかけとの接合も楽だったかも)、だもんで、マルチモードファイバで事足りる際にシングルモードを使うなあも無いと波長拡散は波長によって波及速さが異なるという現象です。もちろんのねながら波長が同じであれば、波及速さは同じです。波長が異なれば波及アワーが異なってきます。

ps/nmというのは、1nm波長が異なるアワーにどれだけ波及アワーに格差があるかという単位です。低調された光通信は、固定の波長幅を持ちますが、この帯域幅の間で波及アワーが異なる便益に、基地ベルトシグナルであれば、波形歪みが起きてシグナルが劣化します。


since2010 © Harlequin Presents Authors